城北不動産株式会社 > 氷川台支店のスタッフブログ記事一覧 > 踏面(ふみづら)と蹴上(けあげ)とは

踏面(ふみづら)と蹴上(けあげ)とは

カテゴリ:不動産コラム








 


【上りやすい理想の階段とは】


 


蹴上×2+踏面=60


と言われています。


例えば、蹴上18×2+踏面24㎝=60


または、蹴上19×2+踏面22㎝=60


 


あたりの寸法が、一般的な住宅では上りやすい階段と言えます。


駅などの公共施設の階段は、上りやすいように蹴上15×2+踏面30㎝=60くらいで作られています。



一般的な住宅では、蹴上は18㎝~20㎝くらいで作られており、普段からこの高さの感覚を体が覚えていますので、蹴上が20㎝を超えてくると「ちょっと急だな」と感じる場合が多いです。








階段の形状は様々なタイプがありますので、一概には言えませんが、狭小土地に建てる建売住宅の場合は2,700㎜の企画が多いです。


もし、建築条件付売地でセミオーダー的に階段の寸法がいじれるのであれば、多少部屋が狭くなったとしても、2,700㎜よりも3,150㎜にしたほうが、長い目でみればお勧めです。

≪ 前へ|なごみひめ   記事一覧   いちょう並木♪|次へ ≫

トップへ戻る