城北不動産株式会社 > 氷川台支店のスタッフブログ記事一覧 > 共働きファミリーにもおすすめ!子育てを支える「豊島区」の支援策

共働きファミリーにもおすすめ!子育てを支える「豊島区」の支援策

カテゴリ:スタッフのブログ

共働きファミリーにもおすすめ!子育てを支える「豊島区」の支援策

池袋がある「豊島区」も、にぎやかなエリアを離れると暮らしやすい住宅街が広がります。
「豊島区」は子育て支援策が多く、都心の利便性とあわせて、共働きがしやすい街として評価されるのも納得です。
こちらの記事では、児童手当などの助成制度や「豊島区」ならではの子育て支援事業をご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

児童手当をはじめ「豊島区」は子育て支援の制度が充実!

子育てファミリーを応援する助成制度が充実した豊島区では、児童手当を実施しています。
中学3年生までの児童がいる保護者で、豊島区に住んでいる人が対象です。
月額あたりの支給額が、子どもたちの年齢に応じて設定されており、3歳未満なら1万5,000円、3歳から小学生までの第2子までは1万円、第3子からは1万5,000円、中学生は1万円です。
受給には、税法上の扶養親族の人数と所得による「所得制限額」があるので、注意しましょう。
たとえば、扶養親族が2人の場合は所得706万円のまで、上記の金額で受給でき、制限を超えも月額あたり5,000円が支給される可能性があります。
区役所で手続きが可能です。
また、子どもの病気時などに助かる制度が「子どもの医療費助成」です。
親子で豊島区に住む、中学3年までの児童が対象で、「医療証」が発行されます。
申請は区役所でできます。
医療機関を利用し、保険診療の自己負担金の支払いに対して助成されますが、接骨院や整骨院の自己負担分や、小学校未就学の乳幼児の場合は、入院での食事代も助成の対象です。
なお、医療費助成は保護者の所得制限などもなく、豊島区に幅広い子育て家族に活用されている支援制度ですよ。

「子どもショートステイ」など安心して子育てできる「豊島区」の支援事業

子育てを応援する「豊島区」では、多彩な支援事業も展開しており、出産前から女性を支える「としま鬼子母神プロジェクト」もそのひとつです。
子育て応援サイト「としま見る知るモバイル」や、産科医師による「妊孕力セミナー」も、この一環です。
また、保護者が病気になったときなど、一時的に利用できる「子どもショートステイ」の事業もあります。
生後43日から18歳になった最初の3月31日まで利用でき、宿泊型の預かりサービスです。
子どもの送迎や、放課後の預かりなら「ファミリー・サポート・センター事業」も利用できますよ。
子育ての手助けがほしい利用会員と、手助けしたい援助会員を地域でつなげる事業です。

おすすめ物件情報|豊島区の物件一覧

まとめ

「豊島区」の多彩な子育て支援の制度や事業をご紹介しました。
とくに、「子どもショートステイ」は保護者の入院時などにも利用でき心強いですね。
※助成の要件や事業の利用など、区のHPの最新情報を確認してください。
私たち城北不動産株式会社は、不動産の購入から売却など幅広く対応いたします。
住まいに関するお悩みに対し、しっかりサポート致しますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|子育て家族を支える「北区」は独自の支援事業も多彩!   記事一覧   魅力があるのは池袋だけじゃない!豊島区の住みやすさとは|次へ ≫

トップへ戻る